【実録】浪人時代の3つの習慣 〜モチベーションを維持するために〜

浪人生の机 浪人

スポンサーリンク

こんにちは、わせ男です。

最近かなり暖かくなってきましたね。暑いくらいです。

私は花粉症に苦しめられています。



とまあこんな前書きはどうでも良いのです。

今日はこれから1年間浪人生として勉強に励まれる方に、

是非参考にしてもらいたい
内容を書きたいと思います。

今回は、私が浪人時代にモチベーションを維持した方法をお伝えします。

浪人生はモチベ維持が大変?

時計と朝刊

ご存知の通り浪人とは、一般的に大学入試の準備をするため、

高校卒業後にn年間勉強することですよね。
(浪人界隈では、浪人年数を「n=年数」で表すようですね)

浪人時代は基本的に毎日予備校や自宅で勉強に励むのが一般的です。

大学生と違ってバイトも、もちろんサークルなんかもありません。

ひたすら勉強に励むわけです。

勉強に割ける時間がたっぷりあるわけですから、当然成績も上がりやすいでしょう。


たそがれる男性

ただ、浪人生には時間がありすぎるんです。

1年間、毎日ひたすら机に向かって勉強し続けるわけです。

もちろん「志望校合格」という高い志を抱いて勉強しているわけですが、

1年間もそのモチベーションを高いまま維持できるかというと、

正直私はなかなか難しかった
です。

そこで今回は、私が実際に行っていたモチベ維持の方法についてお話します!早く本題いけ

①”実”勉強時間を計測し、手帳に記録

手帳

これが一番効果があったと思うし、一番楽しかったです。

ストップウォッチを買って、”実”勉強時間を計測します。

「机に向かっている時間」ではなく、「集中して勉強している時間」を計測します。

つまり、ダラダラ資料集を眺めていたり、パラパラ単語帳をめくっている時間は入りません。

トイレに行く時、ちょっとスマホをいじる時は計測を止めます。

そして集中して問題集を解いている時間、英文を音読している時間などを計測していきます。

こうすることで、「自分が本当はどれくらい勉強しているのか」を可視化することができます。

朝から晩まで予備校にいてもあまり勉強になっていなかったり、

逆にちょっとしか自習室にいなかった日でもすごく集中していたりするんです。

そしてこれを毎日計測して手帳に記録することで、

「今日は昨日に比べてまだこれしか勉強していない!」という危機感を生むことができました。

受験直前期にはこの手帳がお守りがわりにもなるので、おすすめですよ。



ちなみに私はスタディプラスも一時期使っていましたが、

(少なくとも当時は)ストップウォッチの計測/ストップのために

いちいちスマホのロックを解除するのが面倒で、辞めてしまいました。

スポンサーリンク

②ライバルを作る

けが人を担ぐ男性

これも効果的です。

まあ単純に成績を競って切磋琢磨することは容易に想像できると思います。

ですが成績だけでなく、自習室にいる時間でも競い合うことができます。

ライバルと言っても、自分の友人である必要はありません。

“いつも自習室で向かいの席に座っているアイツ”とかでもいいんです。

「よし、アイツより早く自習室に来たぞ」

「アイツ、まだ残って勉強してるのか…」

といったことを思える相手がいると、モチベーションの維持に繋がると思います。




ただし浪人時代の友達作りは、一歩間違えると非常に危険なので注意が必要です。

勉強をそっちのけで友達と遊ぶようになってしまった、とかでは本末転倒なので

交友レベルには注意してくださいね。

③どうしても集中できない時は諦める

おもちゃで遊ぶ男性

「ここまで語っといて意味わからん」と思うかも知れませんが、ちょっと待って笑

これも大切な習慣だったと私は思います。

冒頭でも書いたとおり、浪人とは長く単調な戦いです。

1年間も勉強していれば、そりゃ「どうしても集中できない日」というのもあって当然です。

問題演習をやってもダメ、英文の音読もダメ、単語帳を眺めるだけでも集中できない

そんな日はもう諦めましょう。ダメな日です。

諦めて、何か楽しいことでもしましょう。

帰り道に本屋によってみるも良し、ちょっといいおしゃれなご飯を食べに行くも良し。

こういう日は諦めて息抜きに使って、

翌日以降の勉強のエネルギーチャージができれば良いのです。


こういう日が来ると「自分はなんてダメな受験生なんだ」と焦ると思いますが、

(おそらく)誰にでもある日なので大丈夫です。

私の場合は月に1回くらいありました。




ただし、「翌日も翌々日もまたやる気がわかない」というのでは困るので、

1日休んだら翌日からはしっかりと勉強に復帰してくださいね!絶対!


まとめ

いかがだったでしょうか?

上記3つの方法は、実際に私が浪人時代にモチベ維持のために行っていた方法です。

これからもう1年頑張ると決めた方は是非参考にしてくださいね。


↓私の浪人時代のスケジュールはこちら↓

↓ちなみに受験結果はこんな感じでした↓



またちょくちょく浪人関係の記事を更新するのでお楽しみに!

わせ男でした!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました