【ある1日】大学生のスケジュール・時間割・過ごし方を公開!〜法学部1年生編〜

勉強 大学情報

スポンサーリンク

こんにちは、わせ男です。

突然ですが、大学生って普段どんな生活をしていると思いますか?

グータラ? 遊びまくり? それとも課題に追われてる?

今回はそんな疑問にお答えするため、

大学生のある日のスケジュールを公開します!

今回は早稲田大学法学部1年生の(つまり私が1年生の時の)スケジュールです!

それでは行ってみましょう!

ある1日

9:00 起床

起床する男

この日の授業は2限からなので、起きたのは9:00

たっぷり睡眠を取れました。

ダラダラ準備をして大学に向かいます。

ちなみに2限は10:40〜12:10の時間に行われます。

10:40 2限:スペイン語(演習)

言葉が通じない男性

2限の授業に出席します。

この授業はスペイン語(演習)

スペイン人の先生が、スペイン語の発音・コミュニケーションを教えてくれます。

ただ、私のクラスの担当教師は日本語がほとんどできず、

正直何を伝えようとしているのかさっぱり、、、

よくわからないけど、とりあえず板書をテキストに写します

12:10 お昼

ナスからの画像

さあ、お昼です。

この日はサークルの友達とわせ弁を食べます。

早稲田は街が小さいのに学生がめっちゃ多いので、お昼時は非常に混雑します。

お昼休みは12:10〜13:00と意外と短いので、ちゃっちゃと買いに行かないと食べる時間がなくなります。

幸い、この日は友人がわせ弁を調達してくれたので助かりました。

適当な空き教室を見つけてお昼にします。




↓わせ弁についての紹介はこちら↓

13:00 3限:導入演習

ゼミ

3限は導入演習

まあ簡単に言うと、低学年向けのゼミみたいな感じです。

教室は会議室のように口の字型にテーブルが並べられていて、

教授1人と学生約20人が議論しながら授業が進みます。

普通の授業と違って学生が当てられたり、意見を言ったりするのが特徴的です。



ただ、私の場合この授業は地獄でした。

法学部なので裁判所の判決文を読んでその内容をみんなで議論するのですが、

先生が学生を当てて判決文を読ませるんです。

もちろん判決文は日本語なのですが、昔の判決だと言い回しが難しい上、漢字も旧字体

そして読むのにつっかえてしまうと、教授がチェックして成績評価を下げます。ひどい。

だからこの授業では当てられるのが怖くてビクビクしてましたね笑

スポンサーリンク

14:45 4限:芸術論I

 女性芸術家

4限は芸術論です。

女の先生が、文学や映像の芸術性について熱く語ります。

その一環として映画やビデオを鑑賞するのですが、

その映像がやたら成人向け

男女の愛とか、交わりとかそういう系の映像ばっかりでした。

しかも鑑賞した後にはその感想をコメントカードに書かないといけない。

いや感想って言われても、、、って感じでした。先生の趣味なのだろうか、、、

16:15 授業終了、サークルへ

テニサー

この日の授業はこれでおしまい。

サークルの活動日だったのでサークルに顔を出しました。

活動内容はあえて伏せておきますね笑

サークルが終わった後は友達と晩御飯を食べることに。

この日は馬場のカフェでおしゃれにディナーにしました。

高田馬場にあったBecksCoffee
昔の画像だからめっちゃ適当、ごめん

この日は高田馬場の喫茶店で晩御飯にしました。【現在は閉店済。】

喫茶店のご飯っておしゃれだけど量が少ないですよね。

20:00 家路につく

電車に乗る

やっと家路につきます。

次の日は1限に英語の小テストがあるので、電車の中でちょっと勉強します。

でも家に帰ったらやりません。というかやる必要がありません。



というのも、大学(早稲田だけ?)の英語の授業は超簡単だからです。

本当に、びっくりするぐらい簡単です。

レベルで言うと中学生レベルくらいの英語をダラダラやります。

だから小テストも、なんなら期末テストだって、電車の中で軽く目を通すくらいで余裕です。

0:00 YouTubeを見る

YouTuber

明日の小テストの準備したし、お風呂も入ってあとは寝るだけ。

ベッドに横になりながら携帯で動画でも見るか〜という時間です。クソ野郎ですね。

関連動画とかじゃんじゃん見ちゃうので、なんだかんだ寝るのは2時くらい。

1限だから明日は早いな〜とか思いながら眠りにつきます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は大学1年生の過ごし方についてまとめてみました。

大体予想通りの大学生活だったのではないでしょうか?笑

大学は大体1日の授業は2〜4コマくらいなので、バイトやサークルなどの課外活動にも

たっぷり時間を割くことができます。

まあTHE・私文大学生って感じでクズっぽいのですが、

自分の興味のあることを、やりたい時にやりたいだけできるこの生活はすごく貴重だと思います。



↓ちなみに、浪人時代はこんな感じの1日でした↓



私も卒業してから後悔のないよう、存分に大学生活を味わいたいと思っています。(希望)

このコーナーは継続していくつもりなので、学部や学年によって過ごし方が変わる様子も

見ていってくださいね。

では、わせ男でした!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました