【本キャン編】早稲田の学部カーストとは?学部に序列がある?(Part1/4)

大隈講堂の画像 大学情報

スポンサーリンク

Part2: 戸山キャンパス編はこちら!

「私学の雄」「最難関私大」などと呼ばれ、早稲田大学は間違いなく世間的に高く評価されている大学です。

初対面の方に大学名を聞かれて「早稲田大学」と答えれば、

多くの場合「すごいね!」「優秀!」といった言葉が返ってくるでしょう。



しかし一口に「早稲田大学」と言っても、文理合わせて13もの学部があり、

学ぶ内容も多種多様です。

高校までとは違い学部によって学ぶ内容がまったく違うため

学部間に優劣はない(というか比較できない)はずなのですが、

世の中には「学部カースト」という言葉が存在するのも事実です。



学部カーストとは、学部によって異なる入試難易度の差を根拠に、

学部間に優劣をつける風潮(?)のことであると思います。

この学部カーストが日々の大学生活でどれくらい意識されているのか、

早稲田大学歴4年目のわせ男が実情をお話します!


※長くなってしまったので分割。

今回は早稲田キャンパスでのカースト事情についてお話します。

いざ検証!

それではこれから各学部について、

入試の偏差値と入学後のイメージの関係を見ていきたいと思います。

入学後のイメージについては私の主観も大いに入っていると思いますので、

鵜呑みにすることなく参考程度にしてください。


※入試の偏差値については、河合塾Kei-Net掲載の入試難易予想ランキング表(2019年1月版)を引用させていただきました。

政治経済学部

3号館
政治経済学部が主に利用する3号館

偏差値

政治学科: 70.0
経済学科: 70.0
国際政治学科: 70.0

イメージ

「あなたは政経なんだ、すごいね!」 という感じ。

早稲田の看板学部・政治経済学部。

世間のイメージ的にも、偏差値的にもやっぱりすごいです。

だからみんなちょっと尊敬しています。

少なくとも「早稲田の中でトップの学部である」ことに異論を唱える人はいないでしょう。



ただ正直言って、入学しちゃうとそんなことどうでもいいんですよね。

政経がすごいとか、入試が難しいとかよりも、

ピカピカの3号館を使えることのほうが羨ましい。

だって毎日の学生生活に直結しますからね。


と思ったけど、3号館できたのってもう4年も前なんですね、、

入学当初は完成直後だから新しいイメージあったけど、時間経つのは早いですね、、、

↓3号館の紹介はこちら↓



結論としては、

「政経が早稲田でトップなのは、みんな知ってるし認めてる。

ただ学生生活で特段意識するほどではない」

という感じかな。

法学部

法学部が主に利用する8号館
法学部が主に利用する8号館

偏差値

学科なし 67.5

イメージ

「あなたは法学部なんだ! (まぁ)すごいね!」 という感じ。

いわゆる世間的に「早稲田上位学部」という括りに入る学部だからでしょうか、

まあまあ尊敬されることがないわけではないという感じ。


もちろん政経よりは下。

でも商・国教・社学・教育よりは若干上かな〜というイメージはあるようです。



法学部関連の話題でいうと、「テスト大変でしょ!?」の方が圧倒的に多いです。

こっちは初対面の人に学部を言うとほぼ間違いなく言われるかもしれない。

法学部のテスト、確かに割と大変です。



結論としては、

「早稲田で2番目くらい? ただもちろん学生生活ではほとんど意識しない」

という感じですね。

商学部

商学部・国際教養学部が主に利用する11号館
商学部・国際教養学部が主に利用する11号館

偏差値

学科なし 67.5

イメージ

「あなたは商学部なんだ! ふーん」 という感じ。

商学部も世間的には上位学部?に入るようですが、

だからといって政経・法と違って特別な感情は抱かれないと思います。

なんでですかね?

どっちかというと「数学やるんでしょ?大変だね〜」という話題の方が多いような気がする。


結論としては、

「政経、法の次くらい? もちろん学生生活ではほとんど(ry」

という感じかな。

スポンサーリンク

国際教養学部

11号館エントランスホール
11号館エントランスホール

偏差値

学科なし 65.0

イメージ

「あなたは国教なんだ! (英語が)すごいね!」 という感じ。

授業がすべて英語で行われる国際教養学部。

その上日本語が母語の学生は1年間の留学が義務付けられます。

だから国教生は基本的に英語が得意です。

学部のレベルとしては商学部と同じくらいのイメージがありますが、

この「英語できそう」という感情から、ちょっとすごいな、という感じはしますね。



結論としては、

「政経、法の次くらい? 商学部と同じくらいだけど、英語ができてすごいね

もちろん学生生活では(ry」

という感じかな。


社会科学部

社会科学部が主に利用する14号館
社会科学部が主に利用する14号館

偏差値

学科なし 70.0

イメージ

「あなたは社学なんだ! へー」 という感じ。

文系のいろいろな学問を学ぶ社会科学部。

今回調べてみて初めて知ったんですけど、偏差値だと政経と並ぶんですね。

社学の入試は難しいらしいですが、社学生がみんな威張らないので、

全然そんなイメージがありませんでした。(一方政経は一定数威張ってる人がいる)

社学のイメージで言うと、やっぱり商・国教と同じかちょっと下くらい?

社学が商学部より上という印象はあんまりないんですよね、、、 なんでだろう、、、

正直なんの勉強をしているのかよく知らないので、何の感情も持ちません。


関係ないですが、社学は比較的単位が取りやすい学部のようで、

テスト期間に余裕そうに過ごしているのがムカつく羨ましいです。


結論としては、

「政経、法よりは下かな。 商・国教と並ぶかちょっと下くらい?

ただもちろん学生生活(ry」

という感じでしょうか。

教育学部

教育学部が主に利用する16号館
教育学部が主に利用する16号館

偏差値

教育学科教育学専攻教育学専修 67.5
教育学科教育学専攻生涯教育学専修 67.5
教育学科教育学専攻教育心理学 3 65.0
教育学科初等教育学専攻A 3 65.0
教育学科初等教育学専攻B 3 62.5
国語国文学科 65.0
英語英文学科 65.0
社会科地理歴史専修 67.5
社会科公共市民学専修 67.5
理学科生物学専修 62.5
理学科地球地学以外 65.0
理学科地球科学地学 3 65.0
数学科 62.5
複合文化学科A 3 65.0
複合文化学科B 3 65.0

※教育学部ってこんなに細かく分かれてるんですね…

ちょっと調べただけなので間違ってたらごめんなさい。

詳しくはこちら(早稲田大学 教育学部公式サイト)

イメージ

「あなたは教育学部なんだ! 大変だね〜」 という感じ。

というのも教育学部が主に利用する16号館が他学部の建物に比べて古い上

キャンパスの奥まったところに位置しているので、

「早稲田のチベット」と呼ばれているからです。

また教職を取る人が多く、忙しそうにしていることも「大変」イメージの理由かもしれません。



教育学部のイメージですが、「社学よりもちょっと下」という感じがします。

理由はよくわかりませんが、やっぱり他学部にくらべて建物が古く、キャンパスの奥地にあること

が関係しているような気がします。


結論としては、

「政経、法よりは下かな。商・国教・社学よりもちょっと下かな。

もちろん(ry」


という感じでしょうか。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は早稲田キャンパスでの「学部カースト」事情について書いてみました、

結論から言うと、大大大前提として、

「入学後に学部間の格差を意識することはほぼない!」

ということを強くお伝えしたいです。

一応「ほとんど」と書きましたが、意識する状況が思いつきません。

「意識することはない」と書きたいくらいです。

その上であえて学部間のレベル差のイメージを連想してみると、

今回説明したようなイメージになると思います。

もちろん私は学部カースト信者でもなんでもありません。



その上で、受験生の方が不安に思っているであろう

「学部カースト」の実情について解説してみました。

次回は戸山キャンパスについても解説してみます。↓更新しました!↓

それではまた!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました